• 飲酒・喫煙の習慣があるなら墨田区などの消化器内科へ

    墨田区などの消化器内科がある病院では、食道がんの検診や治療を行っています。

    食道がんは40歳代後半以降に徐々に増加し始め、女性よりも男性が多くかかる病気とされています。
    食道がんには扁平上皮がんと腺がんという二つの組織型があることが知られており、原因やがん自体の性質がそれぞれ異なっています。
    日本を含む東アジアでは食道がんと診断される人のほとんどは扁平上皮がんです。

    飲酒や喫煙が主な原因とされており、とくに飲酒をする人の中でも顔が赤くなる体質の人で、タバコを1日に沢山吸う人の場合、飲酒の量が増えると食道がんのリスクが非常に高くなるということが、多くの研究により分かっています。

    飲酒も喫煙も中毒性の高い生活習慣であり、一度はじめてしまうとなかなか量を減らすことはできません。

    仕事でストレスをため込んでしまっている人や日常生活で上手くいかない部分を多く抱えている人などはその傾向が強く、禁酒や禁煙を開始してもすぐに心が折れてしまう人が多いようです。

    今年、最も指示を集めた墨田区にある消化器内科を検索してみてください。

    墨田区などの消化器内科のある病院ではこのような人たちに向けた検診を行っているため、心配だったり、おかしいなと感じているようであれば、積極的に自分から受けに行くことをおすすめします。


    検診で具体的な自分の身体の状態を知ることで、禁酒や禁煙への決意をより強固にすることができますし、食道がんの早期発見にもつながるからです。



    墨田区などの消化器内科がある病院に出向く際には、事前に電話で問い合わせをし、予約が必要かどうかなどを聞いておくと、当日スムーズに診てもらうことができます。